30歳までに結婚したいオタク喪女に捧ぐ

26歳で婚活をはじめて28歳で結婚した、コミュ障でオタクな喪女がおくる婚活アドバイスと体験談。

効率のいいネット婚活の方法。最短で成婚する方法

f:id:kawanaiseikatsu:20180312115554j:plain

婚活、全然上手くイカネェーーーー!!!!

結婚?なにそれ美味しいの??/(^o^)\

結婚とか、世界が滅んでも出来る気がしねぇwww

 

婚活開始から、1年。

私は、絶望していました。

 

26歳で婚活を始めた私。

27歳になっていました。

 

が、結婚に結び付く相手には出会えません。

 

「何故、ダメなのか」

ない脳みそを絞って考えました。

 

 

そしたら、ふと。

とある戦法を思いつきました。

 

早速、その戦法に変更して婚活!

 

 

すると、27歳の夏に運命の相手に出会えました!

今の旦那です(笑)

今回は、効率のいい婚活の方法をご紹介します。

 

最短で成婚できる!?効率のいい婚活の方法

オタク婚活サイト、アエルネで、行っていた方法をベースにご紹介します。

aellune.com

 

ダラダラ付き合っている相手は、思い切ってお別れする

26歳だった時、婚活で知り合った人と、本交際をしていました。

が、付き合ってみたら、将来が考えられない相手/(^o^)\

けれど、情が移って半年以上お付き合いしていました。

今振り返ると「なんともったいない期間だったんだろう!!」と思います。

 

半年たって、ようやく無駄な交際だと気が付き、思い切ってお別れしました。

お別れした直後は寂しかったですが、お陰で次に進むことができました。

結婚が考えられない相手と付き合っても、婚期が遅れるだけです。

さっさと別れましょう。

 

シークレットモードで、男性のアプローチをシャットアウト

26歳で婚活を開始した甲斐あって、ブスでも、面接の機会がたくさんありました。

が、自分が望んでいるスペックじゃなかったり、ヒモ志望だったり、イマイチな男性から、声がかかることが多かった!

 

どうでもいい男からのメールチェックや返信に、時間を割くのはもったいない!!

 

アエルネで婚活していた時、シークレットモードという機能がありました。

私は、それ利用することに。

 

シークレットモードを利用すると、自分のプロフィールが、検索画面に掲載されなくなります。

 

検索画面に表示されないので、男性からのお誘いは一切無くなります。

一見、非効率に見えますが、これがとても効きました!

興味ない相手に割く時間がゼロになり、自分で厳選した相手だけと、お付き合いすることが可能になったのです。

 

 

自分で声をかけまくる

シークレットモードにしてしまったので、当然男性から声はかかりません。

そこで、自分から声をかけまくります。

せっかくシークレットモードにしたので、もちろん条件は妥協しませんでした。

 

安定した職業についていて、そこそこの年収、煙草を吸わない、優しそうな男性。

プロフィール検索をかけて、気に入った男性には、片っ端から声を掛けました。

すると、9割がたの男性から返信がありました。

嬉しかったんですが、10数人に声をかけてしまった私。

同時進行がキツイ/(^o^)\ 

 

けれど、数通メールをやり取りする中で、「なんかこの人違う」と思った人は、バサバサ切っていきました。

 

切る時は「仕事が忙しくなったから」と言えばOK。

シークレットモードを使っているので、交流がなくなれば、私の活動状況も分かりません。

遠慮なく切れました。

 

 

戦法を変えて1カ月、運命の人に出会う

シークレットモードにして、ひたすら自分で声をかけるという戦法に切り替えて、1カ月。

運命の相手(夫)と知り合うことが、できました!!

プロフィールを見た限り、私の希望する条件をすべて満たしていました。

始めは恋愛感情はありませんでしたが、付き合ってみたら優しくて、どんどん好きになりました。

出会って3カ月で婚約、婚約から3か月後に新居に引っ越し、入籍しました。

運命の人は狩るものです!

運命の人は待っているだけじゃ、現れません。

待ってばかりだと、あっという間に年を取ってしまいます。

20代のうちなら、こちらから狩りにいけば、ブスだろうが、喪女だろうが、腐女子だろうが、振り向いてもらえます!

私がそうだったように(笑)

選択権が握れるのが、20代の特権です。

気になる異性に声をかけまくって、運命の相手を狩りましょう。

まとめ

  • 最短で成婚するコツは、自分で運命の相手を狩ること

 

こんな記事も読まれています↓